従来の高級腕時計の外観はもちろんのこと

組み合わせで得られるような“果てしないカスタマイズ”とまではいかないにしても、タグ・ホイヤーのコネクテッドにも多様なストラップが用意されている。ブランド時計 コピーステンレススチール製ブレスレットやレザーストラップのほか、フィットネス好きの人なら明るい色のラバーストラップを6色から選ぶこともできる。

ORIS/オリス 【オリス×桃太郎ジーンズ】

時を重ねて味を増すパートナーを選ぶ喜び
ベゼルにブロンズを採用し、カーキグリーン文字盤、ドーム型風防とあいまってヴィンテージな雰囲気に仕上がっている。桃太郎ジーンズ製デニムストラップをセット。

MONTBLANC/モンブラン 【モンブラン 1858 モノプッシャークロノグラフ リミテッド エディション 1858】

モンブラン傘下のミネルバ社が1930年代に製作したモデルをベースに、ヴィンテージ感とミリタリー感を融合。ケースに合わせたNATOストラップも秀逸。

BELL & ROSS/ベル&ロス 【BR 03-92 ダイバー バーガンディ ブロンズ】

スクエアのブロンズケースに、日の丸から想を得たバーガンディ文字盤を組み合わせた日本限定仕様の300m防水ダイバーズ。

文字盤も、さまざまなタイプが用意されている。従来の高級腕時計の外観はもちろんのこと、“いま風”のデザインにも変えられる。キャリバーE4で印象的な新しい文字盤は、時間の流れがアニメーションで表現される「リバーサイド」だ。ホーム画面に心拍数と歩数が表示される「ウェルネス」も選べる。

【関連記事】:2022年元もはっやているのバク、高級ファションは階級が有る

ハトラ 2022-23年秋冬コレクション – 境界の中に潜む“酔い”

ハトラ(HATRA)の2022-23年秋冬コレクションが発表された。

“境界”の概念を紐解く、テーマは「YOI」

ハトラ 2022-23年秋冬コレクション - 境界の中に潜む“酔い”|写真17

「YOI」がテーマの今季は、“移動が果たす心理的な働きとは何か”を問いながら制作されたコレクション。主観世界と客観世界、虚と実、認識と状況…その境界に存在するあいまいなズレを受け入れることで、ハトラが2021年から掲げている「LIMINAL WEAR」というコンセプトを紐解いていく。

“乗り物酔い”を思わせるモアレのグラフィック

ハトラ 2022-23年秋冬コレクション - 境界の中に潜む“酔い”|写真18

キーワードとなるのは、タイトル名でもある「YOI=酔い」。ルックには、虚と実の間で彷徨う“乗り物酔い”の様子から着想を得た衣服が並んだ。たとえば、トラックジャージの意匠を活かしたロングケープには、東京のデザインスタジオ「Albatro Design」と共作したモアレ表現をオン。意識がぐるぐると回るようなグラフィックで、リミナルな空間の移ろいを布地へと閉じ込めている。

ジャカードで“液晶画面の明滅”を表現

ハトラ 2022-23年秋冬コレクション - 境界の中に潜む“酔い”|写真1

また、液晶ディスプレイの明滅をダブルジャカードで落とし込んだアイテムにも注目。こちらは現代美術作家のHOUXO QUEが手掛けたもので、6色の原色糸を掛け合わせることで画面上の複雑なストライプを表現した。

身体と外の世界を隔てるレイヤード構造

ハトラ 2022-23年秋冬コレクション - 境界の中に潜む“酔い”|写真25

布を重ねることで、身体と空間を隔てたデザインも特徴的だ。“シェルター”をイメージしたというキルティング地のボレロジャケットは、首元を覆うレイヤーによって肩を包み込むようなフォルムに。フロントの合わせをあえて覆い隠したウールメルトンジャケットや、鎧のようなシルエットの布を重ねたレイヤードプリーツスカートなどもまた、身体と空間の境界を意識させる1着であろう。

大胆な異素材ミックス

ハトラ 2022-23年秋冬コレクション - 境界の中に潜む“酔い”|写真7

コレクションには異素材を融合させた衣服が多く並んだが、中でもひときわ目を引いたのが、胸元のファーによってキルティング素材とメッシュ素材を切り替えたオーバーローブ。透け感のあるメッシュ素材の部分だけインナーが見えるのがユニークで、それはまるで違う場所から“テレポート”されている光景にも見える。

【関連記事】:記念日やクリスマスのプレゼントにおすすめのペアウオッチを多数発売

チャコリ“真っ赤”な限定トートバッグ

チャコリ(CHACOLI)の限定トートバッグ「チャコリ レッドキャンバス トート」が、2021年11月27日(土)よりドーバー ストリート マーケット ギンザにて発売される。

ドーバー銀座限定“赤”に染め上げたキャンバストート

02(W400×H350×D180mm) 44,000円
02(W400×H350×D180mm) 44,000円

限定バッグは、ハンドルからボディまで“レッド”に染めたキャンバストート。チャコリの定番バッグ「フレームコレクション(Frame Collection)」をベースにした、全8サイズを展開する。

03(W400×H330×D140mm) 36,300円
03(W400×H330×D140mm) 36,300円

鮮やかなカラーを表現することが難しいとされる厚地のキャンバス地。発色を追求すべく、糸を赤色に先染めし、旧式のシャトル織機で密度の限界まで折り上げることで、目を引く鮮やかな色味を実現した。また、牛革のハンドルもボディと同色に統一し、まとまりのあるビジュアルに仕上げている。

08(W240×H200×D120mm) 23,100円
08(W240×H200×D120mm) 23,100円

高密度の生地で仕立てたバッグは、厚み・張りがあり、型崩れしにくく自立するのもポイント。両面にウレタンコーティングを施し、耐久性と撥水性も高めている。さらに、パソコンなどを保護するため、底板にドイツ・サラマンダー(salamander)の再生革を使用するなど、機能性も兼ね備えた。

【関連記事】:業界ニュースをいち早くお届け

【KCDC × Nike SB】Dunk High Pro QSが2021年12月に発売予定

ケーシーディーシー × ナイキSB ショップの20周年を記念したピンクカラーのコラボスニーカー ダンク ハイ プロ クイックストライクが登場。 [DH7742-600]
ニューヨーク ブルックリンのスケートショップ「KCDC(ケーシーディーシー)」と、Nike(ナイキ)のスケートボードライン「Nike SB(ナイキSB)」によるコラボスニーカー Dunk High Pro QS(ダンク ハイ プロ クイックストライク)が、海外2021年12月〜2022年初頭にかけて発売予定。

1985年に初めて発売され、昨年35周年を迎えた今、再び空前のブームを巻き起こしているナイキの人気スニーカーモデル「ダンク(Dunk)」。スケートボード用に特化したプロモデルではインソールのヒール部分に反発性の強いZoom Airを搭載、その他にも細部にSB仕様のディテールが盛り込まれている。

2001年に設立され今年で20周年を迎える「KCDC」を祝したコラボレーションモデルが登場。「KCDC」のショップを象徴するピンクのレンガ壁をイメージしたピンクカラーのスウェード素材でアッパーを構築。サイドのスウッシュロゴとミッドソールにはブラックカラーを使用し、アイレット上段には金具パーツ、インソールには手書きグラフィックをプリントし、ヒールタブには「KCDC」のショップロゴを落とし込んだ。

詳しい発売日や国内販売情報の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

▼関連記事URL▼
https://fashion2021.muragon.com

2021新作 ウブロ「ビッグ・バン ウニコ SORAI」

ウブロは、サイ保護の取り組みを刷新し、生物学的多様性を守るイニシアチブをサポートします。

 これまで継続的に力を注いできた、アフリカ最大の脅威である密猟からサイを保護する活動によって、サイの密猟は2020年までに徐々に、しかし確実に減り続けています。

 過去10年以上もの間、南アフリカのクルーガー国立公園に生息するサイは、その3分の2が密猟者の犠牲になりました。ウブロ スーパーコピークルーガー国立公園のクロサイは激減し、現在の生息数は500頭未満と推定されます。

HUBLOT(ウブロ) 2021新作 ウブロ「ビッグ・バン ウニコ SORAI」

 さらに2020年3月下旬、南アフリカの国境はコロナウイルスの蔓延を防ぐために閉鎖されました。それ以前は連日外国人観光客が訪れるため、密猟者は沿岸部に留まっていましたが、現在は深刻なレンジャー不足の影響もあり、密猟者は広大な地域で見つかることなく自由に活動しています。また、国の収益源が途絶えたことから、野生保護団体が民間からの寄付や、国内外および官民の関係者との協力と協働を必要としていることがさらに明白になりました。

 ウブロは、その世界的な訴求力を通じ、ケビン・ピーターセンとSORAI(Save Our Rhino Africa and India)へのサポートを継続することを改めて確認し、「ビッグ・バン ウニコ SORAI」の新作を発表しました。スーパーコピーブランド私たちの地球を守るため、この新作時計のオーナーとなる100名に支援を呼びかけます。売上の一部は、SORAIが支援する世界最大のサイ保護区域であるCare for Wildに寄付され、適切に使用されます。

HUBLOT(ウブロ) 2021新作 ウブロ「ビッグ・バン ウニコ SORAI」

 ウブロ CEOのリカルド・グアダルーペは次のように語ります。「国際自然保護連合(IUCN)は、生物多様性の危機を解決するためには国際的、国家的、地域的なパートナーの協働が不可欠であると述べています。絶滅危惧種の保護、特に重大な絶滅の危機にあるアフリカサイの保護のために現地で働く人の声を大きく取り上げるのは、私たちの義務です。ウブロは、私たちの未来に不可欠なこの活動を行うケビン・ピーターセンとSORAIを支援できることを大変誇りに思います」

 SORAIの設立者であるケビン・ピーターセンは次のように述べています。「保護の現場は毎日が闘いであり、時間との競争です。専門家チームがサイを救出し、回復させ、野生へ戻しています。私たちのためではなく、私たちの子どもたち、さらにその子どもたちのため、“ビッグ・ファイブ(バッファロー、象、ライオン、ヒョウ、サイ)”の一種を失いたくありません。これらの種を守る共通の努力が私たちには必要なのです! この地球規模の緊急事態に対する意識を最大に高めるために、ウブロからSORAIへのサポートが再び得られることを大変うれしく思います」

ハイブランドに負けてない♡【ZARA】買わなきゃ損! 夏のマストアイテム

トレンドを押さえたアイテムがお手頃な価格でGETできる【ZARA(ザラ)】。中にはハイブランドに負けない、デザイン性に優れた名品が沢山あるんです。これさえ買っておけばこの夏のコーデは困らないという、マストアイテムをチェックしていきます!

ハイクラスな着こなしを叶えてくれるスリットベスト

シンプルなホワイトのベストですが、サイドに入ったスリットがスタイリッシュで垢抜けた印象に。丈感が長めのベストは、ハイウエストのボトムスを合わせてバランスを整えるのがオススメ。きれい目のパンツはもちろん、デニムと合わせてもクールな着こなしが叶います。全体をホワイトで統一した、オフィスでも映える上品な淡色コーデ。トップスはあえてTシャツを合わせれば、キメすぎない大人の余裕を感じられます。

細見え効果抜群な縦リブ×ノースリーブシャツ

色っぽさ漂うZARAのアメスリタンクトップは、くっきりとした縦リブがスタイルをキュッと引き締めてくれます。身体にフィットしつつ裾はフリルで広がっているので、クールさの中にも女性らしい印象を見せられるアイテム。羽織りでZARAのノースリーブシャツを投入すれば、さらに縦のラインが強調されてスタイルアップが叶います。ブラックのコーデにパキッとしたピンクのアイテムを取り入れることで、メリハリのあるこなれたスタイルに。

可愛いが詰まったボリュームスリーブTシャツ

可愛い要素をぎゅっと詰め込んだ、ZARAのボリュームスリーブトップス。ふんわりとしたシルエットと袖のリボンが、女性らしくキュートな印象に。ボトムスはあえて細身のデニムを合わせて程よく辛さをプラスした、大人ガーリーなコーデ。足元は黒のサンダルとネイルで幼く見せないのもポイント。トップスが華やかなので、あれこれ着飾らずにアクセは最小限にするのがベター。

トレンドカラーを取り入れた高見えコーデ

トレンドカラーのグリーンを取り入れた、大人カジュアルなコーデ。ラフに見えすぎないZARAのフレンチスリーブTシャツは、シーンを問わず使える着回し力抜群のアイテム。Tシャツとパンツのシンプルなコーデは、ニットを肩掛けするだけで一気におしゃれ見えします。小物はモノトーンカラーで上品さを出せば、カジュアルコーデもクラス感が高まる大人の装いに。

【関連記事】:グローバル最新ファッションブランド/デザイナー情報

12角形のフェイスがスポーティな「リビエラ」新作4選

ボーム&メルシエの新作ウォッチ「リビエラ」
1970年代、女性は小ぶりでゴールドの腕時計をセレクトするものというような定説が根付いていました。しかしボーム&メルシエは時代の風が変わってきたことを敏感に感じ取り、1973年、新たなコレクションを発表。それが、12角形のステンレススティールケースでつくられた力強いフォルムの「リビエラ」です。

このタイムピースによってメゾンが伝えたかったのは、女性の独立した精神性、大胆さ。これからの女性像をそう読み、このコレクションのシルエットに注ぎ込んだのです。それから約50年。今年の新作でも、メゾンが目指す独創性を貫きつつ、ユニークなタイムピースになりました。

12角形のケースのベゼル部分には、ダイヤモンドでつくられたビスが4か所。波打つように描かれた文字盤は、海を連想させる発色です。ストラップはすべて、インターチェンジャブル仕様(5色の別売りラバーストラップ¥37,180、ブレスレット¥80,300)になっています。

コート・ダジュールに代表される南仏のリゾート地、リビエラ。時計スーパーコピー地中海を臨む街でロングバケーションを謳歌するフランスのマダムが、このコレクションをまとうと、余裕を感じさせるような佇まいに見えるはず。スポーティな印象とゆったりとした構え…これからの女性のスタイルを、老舗メゾンは、そう読み取っているようです。

「“リビエラ”はボーム&メルシエが誇る名品の一つ。それが復活し、よりモダンにリモデルされたことが時計界では話題になっています。旬のトレンドであるグリーンやブルーの文字盤は、最注目アイテム。飽きのこないシルバーやブラックの文字盤を選ぶか、宝石のようなグリーンやブルーで遊び心を楽しむかで迷ってしまいそうです。

このコレクションも自分で簡単にストラップやブレスレットがチェンジできる優れもの。水に強いラバーストラップは夏にぴったりなので、何色か揃えておきたいですね」(本間さん)

■1:夏の装いに涼感をもたらすライトブルーダイヤル


「リビエラ」¥214,500 ●ケース:ステンレススティール ●ケースサイズ:直径36mm ●ダイヤル:ライトブルーラッカー、サンレイ仕上げ ●ブレスレット:ステンレススティール ●ムーブメント:クォーツ
■2:爽やかなグリーンが発揮する抜群の存在感


「リビエラ」¥203,500 ●ケース:ステンレススティール ●ケースサイズ:直径36mm ●ダイヤル:ライトグリーンラッカー、サンレイ・サテン仕上げ ●ストラップ:グリーンラバー ●ムーブメント:クォーツ
■3:行動力の高さを感じさせるスポーティブラック


「リビエラ」¥253,000 ●ケース:ステンレススティール×ダイヤモンド ●ケースサイズ:直径36mm ●ダイヤル:ブラックラッカー、サンレイ・サテン仕上げ ●ストラップ:ブラックラバー ●ムーブメント:クォーツ
■4:あらゆるスタイルにマッチする万能ワンカラーウォッチ


「リビエラ」¥264,000 ●ケース:ステンレススティール×ダイヤモンド ●ケースサイズ:直径36mm ●ダイヤル:ホワイトシルバーラッカー、サンレイ・サテン仕上げ ●ブレスレット:ステンレススティール ●ムーブメント:クォーツ
以上、ボーム&メルシエの「ハンプトン」と「リビエラ」コレクションから新作ウォッチをお届けしました。

「モードな感覚を取り入れた小粋なデザインを、スイスメイドならではの真面目さで仕立てているのがこのメゾン。グランドセイコー腕時計気負うことなく活用できる上質なエブリデイウォッチとして、ジャーナリストたちの間ではとても評価が高いんですよ。

スカーゲン、デンマークの夏至祭を祝した限定ソーラーウォッチ – 太陽の光を受けて虹色に輝く文字盤

デンマークのライフスタイルブランド・スカーゲン(SKAGEN)から、夏至祭を祝した限定ソーラーウォッチが登場。2021年6月21日(月)に発売される。

デンマークの夏至祭を祝した限定ソーラーウォッチ

1989年の創業以来、デンマークの自然豊かな景色や街並み、居心地の良い暮らしや家族や友人との時間を大切にする習慣「ヒュッゲ」など、デンマークのデザインだけではなく、オープンマインドで社交的な国民性・ライフスタイルにインスパイアされたアイテムを提案しているスカーゲン。

今回リリースされるのは、昼の長さが1年で最も長い、6月の夏至の日に行われる夏至祭を記念したモデル。パネライ 時計 評価暗く寒い冬を長く過ごすデンマークの人々にとって特別な日である夏至祭と太陽のパワーを、スカーゲンらしいデザインで表現している。

青く染まった空と太陽の光を思わせる幻想的なグラデーションが目を引くのは、虹色に輝くマザー・オブ・パールを採用したダイアル。夏の太陽の光を浴びてより一層の輝きを放つ、320本限定の特別な一本となっている。

エージェントアンダーカバー:メゾンMargiela

枕袋のトレンドの作成のために賞賛され、/または非難されている可能性のある候補者の数があります。カール・ラガーフェルドによるシャネル19があります。そして、繊細で、ふわふわで、滑らかな革を特徴として、金属を混ぜる方法を我々に教えました。それからダニエル・リーによるボッテガ・ヴェネタポーチがあった。おそらくこの傾向の名前の後ろに主要な理由であるマークジェイコブス枕袋もありました(そして、キャンペーンのモデルが実際にバッグの上に眠っているように見えました)。しかし、すべての残り(春/夏2018に正確に)前にその旅の道を始めたピローの良さの1ビットがあり、しっかりとクッションを模倣することを約束したままです。それは秘密のエージェントのように、それはそれのためのコード名(または10)を持っているので、それは秘密のファッションハウスからです。河窪玲のようなアヴァンギャルド主義者に触発されるçそして、マーク・ジェイコブス(マーク・ジェイコブスの)を奮起させて、この家はデザイナー自身によって設立されました。はい、私はMalison Margiela(グラムスラムバッグが正確にソファークッションがならず者でスマートなもののように見えたマーティンMargiela)のBraininchildについて話しています。
実際には“ヘイストでドレッシング”の意図で設計されている、私はこのコンテキストでは、目を覚ますと、あなたの枕で再び空港をオフにオフにすることができます空港で動作するように意味していると仮定すると、グラムスラムは実際にはマーティンマルジェエラのではなく、ジョン・ガリアーノの作成です。家のクリエイティブディレクターとしての最近の復帰は、ブランドを重要なスポットライトにもたらしました。グラムスラムも影響力の文化へのブランドの最初の進出は、すでに両方の男性と女性の有名人ルカサバット、リルUziヴェルトとエリカボドルリンのお気に入りです。そして、本当に、この特大のクラッチは、とても好きになりました:滑らかな凝結したNappa Lamskin革、2つの利用可能なサイズ(媒体で大規模な)は、あなたの必需品のために内部的なジッパーポケット、分離できるクロスボディショルダーストラップとヌード、ホワイトからの豪華な色のスルーを圧倒しますが、圧倒的でないままです。ブラックとベリーは、まばゆい金属銀とホログラフィック版に赤くなります。


単にハンドバッグの世界への最新の貢献の一つを見て、メゾン自体、その謎めいた創始者の歴史、そしてそれが長年を通して維持されている完全な匿名のDNAに正義を行うことはありません。したがって、我々はマーティンMargielaの過去(またはそれの知られているもの)に深く掘り下げなければなりません!
アヴァンギャルドファッションのベルギー王族、アントワープ6のメンバーとして頻繁に誤解されて、Margielaは実際にデザイナーの有名なグループの2年前に美術アカデミーアントワープの王立アカデミーから卒業しました。ジャン・ポール・ゴルチェのために働くことを夢見ていて、彼の学校時代に、彼は偽のパスでGaltierのショーの1つへの入り口を得ました。Margielaは、1989年に彼の名の知れた、メゾンマーティンMargielaラベルを開始する前に、2年の間彼とともに働きました。非似顔絵のスタイルのスコア、スプリットトッドTabiブーツと解体、再構築され、ロープ、プラスチック、箔とレースのような材料をリサイクルし、子供たちは、モデルと一緒にステージの長さを実行しているアナWintourによってキャストを持って、これはショーウォルターヴァンBreendonck(アントワープ州の)は、参照してくださいRAFシモンズを取った。両方のMargielaのデザインから途方もないインスピレーションを描く。


マルギェラのコレクションの中心的なステージを取ったものは、彼の不在と完全な、信頼性の完全な感覚、彼の作品を星ではなく、それらを寄付することです。実際には、いくつかのコレクションもモデルの顔を隠していた髪は目にひっくり返って、黒いストリップによって隠されている、またはヘッドは、自分自身に向かって完全な注意を監督し、宝石を巻き込んだbalaclavasによって隠された頭。それは、彼の作品が文字を欠いていると言うことではない、というのは、1999年から彼のフェザーライト“duvet”コートによって証明されたように、本当に反対です。ライニング、ステッチ、ラベルや他の内部の構造は、自信と排他性の静かなシンボルとして機能します。

 紙の上では、私が長い間、聞いたことのなかったような最悪の時計のアイデアのように聞こえる。全く訳が分からない – シルバーは、宇宙の歴史の中で、ダイバーズウォッチに最も適していない金属だ。ゲルマニウムとシルバーの合金であるアルゲンティウムのように変色に強いものもはかなりの確率で防ぐことができる。が、それでもせいぜい楽観的に言った場合だ。それに加えて、シースルーバックなのだ。私はどの価格帯の時計でもシースルーバックの大ファンで、初めて(恐竜が地球を支配していたような大昔に)買ったセイコー5ではローターが回転しているのを見て大興奮したものだが、ロレックスもチューダーもソリッドバックのメーカーだとどうしても思ってしまう(そう、ノースフラッグがシースルーバックであることも知っている)。それなのに、それなのにだ。

 私はこの時計に魅力を感じてしまった。ダイバーズウォッチはこうあるべきだという固定観念を意識的に排除しているので、逆に新鮮でオリジナリティが感じられる。また、見た目の美しさも魅力のひとつだ。もし誰かにこの時計のアイデアを売り込まれたら、すぐに却下していたかもしれない…チューダーがそうしなかったことに感謝するし、(シルバー製の)実機が見たくてたまらないのだ。スターリング(=一級品)の評判に値しないなんて言う人がいるだろうか?

 ここで他に何を選べばいいというのか? ロレックスは探検の旗手であるエクスプローラーをツートンカラーにした(36mmで!)。今回の発売で最も話題になったと言っても過言ではないこのツートンカラーのロレックス エクスプローラーは、ロレックスの中でも最も衝撃的なモデルと言えるだろう。その存在を知ってから、私はプレスリリースの画像を見返していた。見ていて飽きない要素がたくさんあるのだ。最も注目すべきは、ブラックダイヤルにイエローゴールドのコントラスト。そして、YGで囲まれたインデックスや数字が、このモデルの特徴だ。私がツートンカラーを擁護し続けるのは自虐ネタに近いとは思うが、私は私でなければならないのだ。嫌う人はたくさんいるようだが、これはロレックスの中では非常に興味深いモデルであり、良い感じにエイジングしていくことだろう(誰がそんなことを予測できるのか)。ツートンのエクスプローラーを擁護するのは私一人しかいないようなので、このモデルを“ダニー・ミルトン”と名付けることに一票を投じよう。誰か賛成してくれる人はいない?
 

 私は実際にはどの時計も嫌いではない。嫌いという言葉は強烈だ。彼らは時計だ。嫌うべきではないし、それを愛する自分自身をも嫌うべきではない。とはいえ、パネライが時計にリサイクル素材を使用することを促進するために6万ドルを請求するというアイデアには、あまり賛同できない。私の考えでは、このような慣行の標準化を目指すのであれば、この時計をもっと身近なものにするのが理にかなっていると思うのだ。このような不条理は嫌うべきだが、私はこの時計のデザインを愛している。見た目がいい。そして、値段に関わらず、地球を救うことは重要なのだ。

【関連記事】​​​​​​​: 2021ファッション人気腕時計情報